うれしすぎるプレゼント

2019年03月28日 教室の風景
うれしすぎるプレゼント

 

あるお母様から、素敵なプレゼントをいただきました。

 

 

 

どうやら「ネーム印」らしいのですが、どんな印鑑かと思って試してみると・・・

 

 

 

なんと、「招き猫」がデザインされた木村の印鑑です! これはいいですね!!

 

 

お母様が仰るには

「先生がいつもテストなどをチェックする際に、こういうのがあるといいんじゃないかと」

 

 

小学生たちが持ってきてくれる学校のテストの点数をチェックする際、私が「OK!」とか手書きでいちいちサインしているのを見て、不憫に思われたのでしょう(笑)。いや、うれしすぎますね、これは!

 

 

どんなものをもらった時に相手がうれしいと感じるか?

それを想像して、相手の予想を超えるものを用意する。

 

 

本来の「プレゼント」の意味って、そういうものでしたね。

 

 

そんな大事なことを、最近は私もすっかり忘れていたような気がします。「とりあえず、あれを贈っておけば・・・」みたいな、貧弱な発想に陥っていました。

 

 

 

このお母様のセンスの良さに感服すると共に、とても大事なことを思い出せてもらえて、ホント、感激です!

 

 

さっそく使わせていただきます。

お母様、ありがとうございます。