ぼんやりとした質問はダメ

ぼんやりとした質問はダメ

 

昨夜、もう生徒がいなくなった夜9時頃、突然の来訪者があったんです。

 

2年前のスパーク卒塾生でした。

 

 

見た目があまり変わってなかったのですぐわかりました(笑)。

 

そうか、もう高校3年生か! 大学受験!? 早いな~

 

 

 

 

 

 

どうやら、その大学受験に向かうにあたって、私にアドバイスを求めに来たようです。

 

もちろん、そうやって頼ってもらえるのはとても嬉しいことだし、助言できることがあればいくらでもするのですが

 

彼の口から出てきた言葉が・・・

 

 

 

 

 

 

どうやって勉強したらいいのかわからない

 

 

 

 

 

 

出たよ!

 

 

 

このぼんやりとした質問!

 

 

 

 

残念ながら、こうした漠然とした質問には、何も答えることが出来ません。

 

 

何が問題で、どこを変えれば状況が改善されるのか。ぼんやりとした問いからは、それが見えてこないのです。何かアドバイスしてあげたくてもね。

 

 

 

 

 

具体的にすること!

 

話はそこからです。

 

 

 

 

 

・・・と言って突っ返すのもかわいそうなので、もちろんいろいろ伝えましたよ。

 

まず、自分が大学で何を学びたいのか? それを学べる学部のある大学を片っ端からリストアップすること。検索すればいくらでも出てきます。

 

その中から、自分が一番魅力を感じるターゲットを決めて、そこに合格するために必要なことを調べる。例えば、大学によっては英語で特定の認定試験が必要になります。

 

もちろん、過去問を入手して、どんなタイプの問題に対応する力が必要なのかを明確にする。これは言うまでもないですね。

 

 

 

 

 

そこまでやって

 

これからどんな勉強をしていけばいいですか?

 

って尋ねることですよ。

 

 

 

生徒の学力と志望大学のレベルによっては、衛星予備校などの動画授業で一気に詰め込んだ方がいいケースもあります。

 

強化すべきポイントが明確になっていれば、信頼できる問題集を一冊買って、それを自力で繰り返し解くのでもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ぼんやり、漠然としたものを、いかに具体的に出来るか。

 

具体的にすることで、やるべきことは自然と明確になります。

 

何もこれは受験だけでなく、ビジネス、家事、体調管理・・・すべてに通じる話じゃないでしょうか?

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

昨日の彼は、とても充実した高校生活を送っているようで何より。高校受験の時には徹底的に鍛え上げた子なので、感慨もひとしおです。

 

エールを送る意味で、元気の出る一曲を!

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階