より充実した夏にするために

より充実した夏にするために

 

前回のブログで書いた「8月漢検 開催危機」の件ですが

 

あれから保護者の皆さんが動いて下さり、申し込み数がグッと増えました。ありがとうございます。今日の時点で、開催できる可能性が50%ぐらいにはなっております(笑)。

 

締切が迫ってますので、あと3日間ぐらいで声を掛けて、かき集めようと思います。足りなければその辺を歩いている人を捕まえて拝み倒します(ウソ)。

 

 

 

 

 

さて、ここから今日の本題。

 

来週から、いよいよ夏期講習が始まります。特に中3生はかなりの時間を塾で過ごすことになりますね。ここまでの総復習に加えて、9月の北辰テストに向けた特訓もおこなうので、どうしても時間数は必要になります。

 

 

 

私もよく「自分の意志ほど当てにならないものはない」と伝えていますし、「だったら、意志が強い・弱いに関係なく、やらざるを得ない環境に自分を置くことが大切」と子どもたちにも伝えています。

 

特に中3生は待ったなしですから、塾の夏期講習を目一杯利用するべきだと思います。

 

 

 

 

一方で、そうするとどうしても塾に対する依存心というものも強くなります。

 

私も夏期講習はとても価値のあるものだと思って毎年やっているわけですけど、その中でも唯一、これは好ましくないなと感じる一点が、この「依存心が強化されてしまうこと」なのです。

 

中3生たちが来年通うことになるであろう高校では、基本的に手取り足取り面倒なんて見てはくれません。

 

よく「面倒見の良さ」をアピールしている私立高校とかありますけど、それだって大前提として生徒の方から動いていかない限りは何も始まりません。

 

あくまでも、自主性が前提の上での「面倒見の良さ」なのです。

 

自主性がなければ放置されたまま3年間過ごすことになる、それが高校という場所なのです。

 

 

 

 

つまり

 

「自分の意志では勉強できない」

「強制される環境じゃないと勉強できない」

 

という体質があまりにも強化されてしまうのも危険ですよ、ということ。彼らが高校に行って、自分の自主性のなさを痛感し、あわてて自分を変えようと思っても、染みついた依存体質はそう簡単に払拭できないでしょう。

 

 

 

いつも言っているように、自分の意志なんて一番信用できない、一番当てにならないものなのだから、意志の力に頼らず、塾を利用するのは大いにけっこう。夏期講習はフル活用して良し。

 

でも、それだけではダメだよ、ということ。

 

 

 

 

そこで、私から一つ提案。これは教室で子どもたちにも伝えます。

 

夏の生活の中で、一つでも二つでもいいから、私に指示されていないことを自分自身で決めて、強制されているわけでもないのにやり通してみること。

 

 

 

 

 

たった一ヶ月かそこらですけど

 

「100%依存」の子と

 

「90%依存、でも 10%は自分で決めて、自力でやり通す部分を作った」子では

 

後になって大きな違いが出てきます。

 

 

中身は、その子それぞれでいいのです。「夏期講習の授業で出来なかった問題を家に帰ってから毎日解き直すようにする」でもいいし

 

「秋の英検に向けて、毎朝リスニングに触れて、英検問題集も毎日解き進める」でもいいでしょう。

 

それを私に決めてもらおうとするのはやめて下さいね(笑)。それじゃあ、意味がありませんので。

 

 

 

逆に言えば、ひと夏の短い期間ですら体質改善出来ないのであれば、この先も依存体質からは抜け出せないのではないかと思います。

 

 

ほんの少しだけでも、当てにならない自分の意志を動かす部分を設定してみてはいかがでしょうか?

 

そうすることで、彼らの夏期講習が、より充実したものになることは間違いありません。ぜひ、そんな夏にしていきましょう。

 

 

 

 

 

そうそう、自分の意志で決めて動くことの大切さは

 

昨日、楽天から巨人へ電撃トレードされた高梨雄平投手について書いた、こちらの旧ブログ記事からも伝わるかな、と思います。未読のかたは、こちらからどうぞ。

http://blog.livedoor.jp/sparkkobetsu/archives/2016-12-06.html

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

スッキリしない天気の日は、カラッとした音楽を聴きたくなります。そして、フェイセズの「Stay With Me」を聴いておけば間違いありません。

 

「ロックン・ロールってどんな音楽?」と尋ねられた時には、これを聴いてもらえば一発で伝わるかな、と思います。

 

この頃のロッド・スチュワートの声は最高ですね。

 

 

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階