アップで映ってた!

アップで映ってた!

 

卒塾生のお母様から「もしかしたら映るかもしれません」と御連絡いただいていたので、昨夜は家族でテレビを観ました。

『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』

 

御覧になった方も多いことと思います。出ましたね、埼玉栄高校の吹奏楽部!

 

そして、今春のスパーク卒塾生もバッチリ映ってました、それもアップで!(笑) お母様、御連絡ありがとうございます(笑)。いい涙でしたね~

 

彼女はいい選択をしたんだな~ と私も嬉しい気持ちになりました。

 

解体が決まっている、吹奏楽部にとっての聖地・甲子園とも言える「普門館」。そのステージで演奏できる最後のチャンスをつかんだ全国4校の中の一校に、埼玉栄高校が選ばれたのでした。

 

こういうのも巡りあわせであり、運です。今、そういうサイクルの中にいるということ。

 

レベルの高い吹奏楽部で日々大変でしょうけど、これからも頑張って活躍してくれることを願っています。

 

そして、いつか私も埼玉栄吹奏楽部の演奏を生で聴きに行きたいと思います。

 

 

 

 

 

今、聴いている音楽です。

ルーファス・ウェインライト

「Rufas Wainwright」

 

 

1998年に発表されたデビューアルバム。

3月の来日公演に備えて、久々に引っ張り出して聴いています。

 

20年前のこのアルバムを聴いた時の驚きと感動は忘れられません。

 

音楽一家に生まれ育ち、「クラシックとオペラを下地にしたロック」というだけで、もう誰も真似できないオリジナリティなわけです。

加えて、自らゲイであることを公表していて、そうした背景も独特の世界観に繋がっていると思います。声と曲の美しさは格別で、一聴した瞬間、「これは本物だ!」と確信したのでした。

 

良いアルバムって、一曲目とラストが最高だったりするケースが多いんですけど、この作品もまさにそう。Foolish Love で始まり、Imaginary Love で終わるアルバムが悪いわけがない。

 

その2曲、よろしかったら聴いて下さい。

 

今週末は、いよいよセンター試験。これを聴きながら、私もザワザワする心を落ち着かせようと思います。