シワ寄せは必ず弱者へ向かう

シワ寄せは必ず弱者へ向かう

 

東京都教育委員会から、来春の都立高校入試の出題範囲削減の発表がありましたね。昨日は私たち学習塾関係者の間でも、この話題が飛び交っていました。

 

具体的には、国語の3年生で習う漢字、数学の三平方の定理、英語の関係代名詞・・・等々が出題範囲からカットされるとのこと。もちろん、公立の中学校では削減内容を卒業までには履修するとのことですが。

 

 

 

 

意図はわかりますよね。学校間の授業進度差による受験生たちの不公平を少しでもなくすため、というのが大きな理由の一つとしてあると思います。

 

「入試では出ないけど、一応は卒業までに履修するということらしいので、まあいいのかな」なんて思う向きもあるかとは思いますが・・・

 

 

 

それでもいろんな影響はあると思います。

 

 

 

まず、受験生にとって欠かせないアイテムである「過去問」。これには当然、三平方の定理も関係代名詞も思いっ切り含まれているわけですから、ちょっと扱いにくい。

 

過去問に限らず、塾で使用する入試対策テキストについても同様です。

 

 

 

次に、「入試に出ないなら」とテキトーに軽く触れてお終いか、完全カットする学校の先生も残念ながら出てくると予想します。

 

現実問題として、今は授業がなかなか進んでいないようです。私も学校の進捗が気になるので、子どもたちに「今、学校の英語はどこやってる?」って感じで、しょっちゅう様子を尋ねるのですが、一昨日だったか

 

「今日、中2の最後のところが終わりました」って感じの中3生がいました。

 

学校によっては「数学、まだ「確率」だけをひたすらやってる」なんてところもあるようで・・・

 

 

 

つまり、我々が想像していた以上のしわ寄せが生徒たちに行っていて、それはこれからも続くだろうということ。

 

 

 

三平方の定理にしろ、関係代名詞にしろ、超重要単元です。いや、そもそも「重要じゃない単元」なんて存在しないんです。

 

これを「テキトーに教わっただけ」 あるいは「全カットされた」 なんていう子たちが、高校での授業や大学入試において苦境に立たされるのは目に見えています。

 

そして入試云々ということよりも、他の世代が普通に教わった知識が今年の子たちだけに授けられていない・・・ なんてことになってしまったら、その事実の方が重い。教育を受けるのは、子どもたちの権利ですから。

 

 

 

 

 

その一方で、ある私立中学ではこんな風に明言されています。

 

「削減内容は高校入学後も重要な単元になります。また、三平方の定理等を知っていれば、高校入試での解法が広まり、有利になることも考えられます。生徒には学ぶべきことを確実に身につけさせていきます」

 

やっぱり、こうあるべきだと思います。

 

 

 

 

 

入試の出題範囲削減というのは、元を正せば「大人の都合」です。今回のコロナ騒動に限らず、あらゆることは一部の大人の都合で決められ、そのシワ寄せは必ず弱者に行くように出来ているのが資本主義社会です。

 

それでも、学習塾の人間として、ここでも結局は

 

「今、出来ることをやるしかない」 

 

 

つまり

 

「自分の教室に通ってくれている生徒たちだけでも、本来教えるべきことをしっかりと教えていこう」という、当たり前の結論に行き着きます。

 

 

 

埼玉県が都立高校入試に追随するのかは不明ですが、どう来ようが関係なく、スパークではもちろん、本来教えるべき単元はすべて教えていきます。三平方の定理も関係代名詞も。

 

その上で、削減されずに出題される可能性が高いであろう単元を最優先した入試対策も実施します。

 

 

 

まあ、ほとんどの塾はそうするでしょうし、ここでもまた塾に通っている子とそうでない子の格差が例年以上に開くことになります。

 

 

 

 

 

さあ、今日は教室で漢検実施です。その後は北辰テスト対策特訓。学校で土曜授業を受けた後の過密スケジュールであり、中3生は特に大変ですが・・・

 

目の前の一問一問に集中して、楽しみながら乗り越えていきましょう!

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

アメリカの音楽史に残るであろう功績を残したグループの一つが、ザ・バンドだと思います。

 

ザ・バンド本体も好きですが、私はリーダーのロビー・ロバートソンが大好きで、彼のソロアルバムは一枚欠かさず持っています。

 

この人の音楽には独特の気品があるんですよね。伝統的な音楽と最新のテクノロジーを融合させるセンスの良さに、いつも惚れ惚れしてしまいます。

 

今日は、私が無人島に持っていく一枚である彼のファースト・ソロアルバムから2曲。まずは私が一番好きな曲を。そして、U2との驚異的なコラボもどうぞ。

 

 

 

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階