スパークの春期講習と、これから

スパークの春期講習と、これから

 

本日より、春期講習がスタートしました。

 

 

 

毎年そうなんですけど、スパークの春期講習は通常授業でなかなか扱えないようなコースを設定しています。

 

「ひたすら漢字だけ」とか「計算問題だけ」「英語の長文読解だけ」を特訓! みたいな。

 

もちろん、シンプルに前学年の総復習を一通りできるコースも用意しているのですが

 

 

 

元々、春期講習というのは超短期間しか出来ない上に、通常の先取り授業も同時並行で実施しています。だったら、あまり欲張らずに、何かテーマを一つに絞ったコースも有効なのでは? という私の発想から一風変わったコース設定をしているのです。

 

これが毎年けっこう評判がよく、手応えもあるんですね。

 

そして、毎年同じでは私自身も進歩がないので、常に Something New を取り入れる、ということで

 

・小学生で学力に余裕がある子向けの「超ハイレベル難問チャレンジコース」

 

・新中2生で数学苦手な子向けの「比例・反比例特訓コース」「図形問題特訓コース」

 

・新中3でも昨年までの「一次関数特訓コースに加えて「図形・証明問題特訓コース」

 

・・・などを新設しました。

 

 

 

 

子どもたちそれぞれが「春休みでこれが自信ついた!」と言えるようなものが何か一つでも作れれば、それで春期講習は成功なのです。

 

私は塾業界に長くいるのでよくわかるのですが、夏期や冬期と比べて、春期講習を軽視している塾も実はたくさんあります。

 

私に言わせれば大間違いで、旧学年と新学年をつなぐとても大切な期間なんです。そして、前述の通り、通常授業や夏期・冬期講習では扱えないことを思い切ってやれる絶好の機会でもあります。

 

今年もそれぞれが好みのコースを選択し、さっそく朝9時からスタートしたのですが・・・

 

 

 

もうね、「一次関数特訓コース」を選択した新中3生! ファイト!って感じですよ、ホントに!

 

ここまでキレイさっぱり忘れちゃうか!? ってぐらい、忘れてました。

 

一次関数だけをひたすら学び直すトータル 630分の講座、選んで正解!! ヤバい子たちはこれぐらいやらないと、後々大変なことになります。

 

不要不急どころか必要至急!って感じです(泣)。お互いにもっと危機感を持たないと!

 

よって、明日も予定通り朝から授業を行いますからね。

 

 

 

 

ただし、4月以降は世の中の状況も更に変わってくると予測しています。本当に学校が再開されて、子どもたちが安全に学校生活を送れるのか? 強い外出制限がかかるのでは? むしろ、大変なのはこれからなんじゃないかな? という気もしています。

 

流れを読みつつ、スパーク個別指導学院としての対応を早め早めに発信していこうと思います。