スパーク文庫へ御協力のお願い

スパーク文庫へ御協力のお願い

 

先日、保護者の方から「スパーク文庫に加えて下さい」と何冊もの本を譲っていただいた話を書きました。

 

所有から共有へ

 

 

昨日は、ある中2女子がその中の一冊をさっそく借りていってくれました。

 

 

 

 

 

で、今回いただいた本を見ていて思いました。

 

「こういうの、面白いかも」って。

 

 

 

 

当然のことながら、今までのスパーク文庫は私がチョイスしてきた本ばかりなわけです。もちろん、子どもたちや保護者の皆さんにプラスになると思ったものを提供しているわけですが、どうしても同じような傾向に偏りがちだな・・・ っていうのは、自分でも何となく自覚していました。

 

さらに、もう一つの問題として、もっと本の数自体を増やしていきたいのに、私が購入するだけだと、ラインナップが増えていくペースが遅いわけです。

 

定期的に借りてくれる子たちも出てきているので、もっとバリエーションも冊数も増やしたいのに、それがなかなか出来ないジレンマを感じていたのでした。

 

そこへ、先日のお話しがあり、自分の選ぶ路線とはまた一味違う本たちを見て

 

自分だけの主観ではなく、いろんな人の趣向や好みが混ざってくると、もっといいものが出来るな と感じさせられたのでした。

 

 

 

 

ここで、スパークの保護者の皆さんにお願いです。

 

上記ブログにも、ちらっと書いたことですが・・・

 

各御家庭で眠っている本、もう読まないので処分する予定の本・・・ などが一冊でもあれば、ぜひ、スパーク文庫用に提供していただけないでしょうか? 

 

ただし、うちはブックオフではないので買取は出来ません(笑)。あくまでも「無償」で提供していただき、その後の扱いもすべて教室に一任していただけることが条件となりますが。

 

もちろん、あまりに汚れがひどいものや古いものは不可ですが、そのあたりは、こちらで見させていただきます。

 

そして、内容は「子どもたちや保護者の皆さんにとって有益なもの」であることだけはお願いいたします。それについても、こちらで判断できますので、まずはお気軽にお持ちいただければ、と思います。

 

 

 

 

 

「本を読む」という、生きていく上でプラスしかない習慣を、一人でも多くのスパーク生たちに身につけてもらいたい・・・ そんな思いで見切り発車的に始めた「スパーク文庫」 

 

2020年、より面白いものに発展させていければ、と考えています。

 

 

 

これを読んで反応して下さる方がお一人でもいらしたら、嬉しい限りです。