スパーク第1期生の成長に驚きました

スパーク第1期生の成長に驚きました

 

今日はうれしい再会がありました。

 

 

 

なんと、スパーク第1期の卒塾生が来てくれたのです。昨日は専門学校の卒業式だったようで、わざわざその報告に。

 

 

 

この4月から、彼は建築関係の百年企業に就職がきまっているのですが

 

ビックリしたのが、卒業制作の建築設計製図。いつの間にこんなの書けるようになったんだ!? 

 

 

 

ホントにお前が一人で書いたのか? と尋ねてしまいました(笑)。

 

 

だって! スパーク個別指導学院の開校初年度、中3の途中から入会してくれた彼は、もうホント大変だったんですよ。個人の名誉に関わるので詳しくは書けませんけど、もうね「ホント大変だった!!」ってことで察して下さい(笑)。

 

 

「あんなに数学出来なかったお前が、こんな立派な図面を書けるようになるなんて・・・成長したな~」と言ってあげましたよ。

 

 

 

 

 

バカみたいな感想で申し訳ないんですけど

 

周りが心配しなくても、人って勝手に成長するんだな

 

って。それを今日ほど感じたことはありません。

 

いやあ、うれしいですね。だって、歴代のスパーク卒塾生の中で、私が最も心配していたのが彼ですから(笑)。

 

こうしてわざわざ顔を出してくれるだけでもうれしいわけですが、その上、人間的な成長が感じられたのがなおうれしい!

 

これから社会に出て苦労することも多々あるんでしょうけど、またそこでも進化・成長していくんでしょう。お母様もひと安心されているのでは。

 

 

 

あっ、まるっきり数学なんて出来なくても、建築設計製図は関係なく作れるんですね(失礼!)。