ネットから遮断された時に

ネットから遮断された時に

 

昨日、教室のネット回線が久々不調に陥りました。不調というより、不通です。数時間、各種サイトも見れず、メールの送受信も出来ず。

 

こういうケース、年に一回あるかないかなんですけど、大抵はモデムやルータの電源を抜いて、再度差し込むことでリセット出来て、無事に復旧できるのですが・・・

 

昨日はそれをやってもルータの警告点滅が消えません。これは本格的な故障かな・・・と思い、「当分メールも使えないかもしれないから、何か連絡があったら電話くれるようにお家の人に伝えてくれる?」なんて話したほどです。

 

たまたま、PCやタブレットを使用する場面がない日だったので、子どもたちの指導への影響はなかったのですが、それでも一瞬、焦りました。

 

多くの仕事をネットに依存しているので、繋がらないとなると、何となく不安になるものですね。

 

でも、そこで一拍置いて、考えました 「いったい、何が不安なのか?」と。

 

 

・子どもたちの授業? 動画が見れなければ、テキストを使って授業すればいいだけ。特に中学生であれば、今は期末テスト前だから元々テキスト主体だし。

 

・保護者の皆さんからのメールを受信できない? 返信が来ないな~、先生メール見てないのかな~ と思えば、皆さん、電話くれるでしょ。

 

・サイトを閲覧できない? スマホのWi-Fi設定を解除して4Gにすれば、スマホで見られる。

 

・ブログを更新できない? スマホで書けばいいし、帰宅してから自宅のPCで書いたっていいし。そもそも、毎日更新しなくてもいいし。

 

・業者とのやり取り? 最悪、電話とFAXで何とでもなるでしょ。

 

・・・と、不安要素を一つ一つピックアップしてみると、実はどうってことないことがわかります。ネットが使えない? だから何? って心境になれるのです。

 

 

 

結局、私たちがいろいろ不安なのは、「何となく」不安なだけなんですよね。漠然とした不安。世の中に蔓延している不安な空気感もそういうものだと思います。

 

しかし、「じゃあ、何が不安なの?」って冷静に一つひとつ見ていくと・・・ 意外とどうってことなかったりすることがほとんどなんじゃないでしょうか。

 

 

 

ネットに繋がらないぐらいであたふたする必要なし。今、世の中にはもっと大変な思いをしている人たちがいるわけで、こんなのどうってことないよね・・・。そう思って、放置しておいたのでした。

 

ただ、今回ばかりは自分の手に負えなさそうだったので、明日にでも専門の業者に見てもらおう、修理に2、3日かかるかもしれないけど、まあ何とかなるでしょ・・・そう思って数時間放置した後、最後にもう一回だけ試してみようとダメ元で電源の抜き差しをしてみたら・・・なんと、無事に復旧できたのでした。

 

 

 

 

問題を解決しようとすればするほど空回りするし、別に解決しなくてもいいやと思っていると、いつの間にか解決できていたりします。これは、経験上ホントにそうなっているので、私の中ではちょっとした人生哲学になっています。

 

そして、不安から眼を背けずに、その正体を見極めることですね。

 

 

 

 

そんなことを書いていながら、今日またネットに繋がらなくなったりして(笑)。

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階