パフォーマンス

2019年01月11日 業界の話
パフォーマンス

 

私立中学入試が昨日から始まり、昨日書いたスパーク生は2日連続で本日も挑戦。どうだったかな?

 

そして、甲府で明日試験を受ける中3生が既に現地へ向かっています。

 

今年のスパークの入試は、いろいろバラエティに富んでいて面白いです(笑)。

 

 

 

 

さて、一足早く中学入試が解禁となった昨日の埼玉県ですが、さっそく埼玉新聞のサイトにこんな記事がありましたね。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/01/11/07_.html

 

 

 

 

入試当日の朝、多くの学習塾により繰り広げられる、朝のお見送りや激励の握手シーン。合格鉛筆を渡したり、カイロを渡したり・・・。

私もサラリーマン教室長時代によくやってました。

 

本当に心からそうしてあげたい!と思う先生はやればいいと思いますし、そうした純粋な気持ちから、早朝の試験会場や駅前に立つ塾の先生方も実際にいらっしゃるとは思います。

 

ただ、やっていた経験者として言わせてもらうと、やはり、パフォーマンスとしての側面が強い、というのが現実。塾の面倒見の良さのアピールです。

 

私は、そんなパフォーマンスはしたくありません。そもそも、子どもたちを激励する場は普段の教室であり、普段の授業であるべきだと思っているので、私は今後もしません。

 

なんて冷たい先生なんだ・・・って思われても仕方ないですね(笑)。

 

でも、やるんだったら握手会じゃなくて、早朝特訓でしょ。どっちが現実を動かせるかを考えた方がいい。

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階