ヤング ブラックジャック

ヤング ブラックジャック

 

本日2回目の更新。

 

余談です。

 

 

 

 

妻が「面白そうだから録っておいた」というドラマを、今日たまたま観たんですけど、これが結構面白かったんですよ。

 

2011年放送の「ヤング ブラックジャック」です。

 

(画像は日テレHPより)

 

 

 

ドラマですから、あり得ないシーンも当然あるわけですけど、そもそも原作のブラックジャックがそういう作品なわけで、そこを批判するのはナンセンス。単純にファンタジーとして割り切って観ればいいんです。

 

主演の岡田将生がハマリ役で素晴らしかったです。

 

御存知の通り、ブラックジャックというのは医師免許を持たない「闇医者」なわけですけど、それを非難されても、この男は「法律は命を守ってくれない」と突き放します。

 

そして、医師には二種類しかいないと言い切ります。

「患者を救える医師と、患者を救えない医師だ」

 

 

 

このシーンを観てる時、実はちょっとドキッとしました。塾の先生に置き換えて考えてしまったので!

「塾の先生には二種類しかいない。生徒の成績を上げられる先生と、上げられない先生だ」

 

 

・・・言ってみたい、こんなセリフ。

 

すいません、もっと精進しないといけないですね。「全員の成績を上げられてるわけじゃない」という負い目みたいなものがどこかにあるんですよね。日曜日に家でリラックスしてドラマを観てたはずなのに、リラックスできなくなりました(笑)。

 

よし、塾業界のブラックジャックを目指す!(闇塾!?)

 

 

 

今日は中3生の第6回北辰テストでした。

 

上がっててくれ~