何でもかんでも親のせいにしない

何でもかんでも親のせいにしない

 

本日2回目の更新。

 

 

Twitter で多くの塾・教育関係者の人たちをフォローしていると、いろんな意見が流れてきます。

 

少し前に、ちょっと看過できないツイートがあったんです。そのままここに貼り付けて晒すのは失礼かな、と思うので要約すると・・・

 

 

「忘れ物が多かったり、問題をしっかり読まなかったり、遅刻したりする子の親は、同じように提出期限を守れず、配布物をしっかり読まず、面談に遅刻する」

 

「親が治せば、子も治る」

 

 

という内容でした。

 

 

 

 

 

 

これに対して私の意見。

 

まず、親と子は別人格であり、子に直すべき点が多いのはあくまで「その子個人の問題」であり、親は関係ありません。

 

子どもの人生に親が影響を与えているのは事実だと思いますが、何でもかんでも親御さんのせいにするのは間違っていますよね。

 

事実、「発達障害」というケースも世の中にはあります。これは厳然たる事実であり、これこそ親御さんが悪いわけでも何でもない。

 

 

 

 

 

 

スパークにも、授業をサボる子がいるとして(います)

 

 

じゃあ、私が

 

「これは親がだらしないからだ」

 

なんて思うかと言えば、全く思いませんね。

 

あくまで、その子の問題。親御さんは関係ありません。

 

 

 

 

 

親の育て方がどうとか、親の生活習慣がどうとかではなく、あくまでも、その子を「自立させたい一人の人間」と見て接していくことです。

 

私も「親」の一人ですけど、何でもかんでも責任を背負いこむのはやめた方がいいし

 

「最後は結局、自分に降りかかってくるんだよ」ということを、子どもたちにしっかり知らしめることが教育なんだと思うのです。

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階