信用できない言葉

信用できない言葉

 

私が Twitter で繋っている一人に、上杉謙信さんという方がいらっしゃいます。

 

えっ? あの上杉謙信かって!? 

 

はい、たぶんあの上杉謙信さん本人でほぼ間違いないかと・・・

 

 

 

で、この方のツイートが毎回とても面白くて、共感できて、私は大好きなんですけど

 

今日のがこれ。私自身も考えさせられる内容だったんです。

 

 

 

 

 

私としては、子どもたちがよく言う「がんばります」とか(何をしたらよいかわかってない時に使うセリフ)、大人がよく使う「考えときます」「検討しておきます」(ただの先送り、その気なし)なんかも選外でいいので入れてほしいところ(笑)。

 

いや、冗談ではなく、こういったセリフを使うようになったら、ちょっとまずいな・・・と思うんです。

 

と、いうより「既に使っちゃてるかもしれない!」と一瞬、ドキッとする自分がいるのでした。

 

 

 

 

これらの言葉の何がダメか、皆さん、わかりますよね?

 

一言で要約してしまうと、すべて「ウソ」であり「曖昧にして誤魔化しているだけ」だからです。

 

そして、そうした自覚がない状態で発せられる言葉ばかりだからこそ、余計にタチが悪いわけです。

 

 

 

 

言葉は大切です。なぜなら、この世界はすべて言葉で出来ているからです。

 

特に、私の場合は子どもたちと関わる立場にいるわけで、彼らに与える影響も重大です。無自覚にこうしたおかしな言葉を使っていないかどうか、すぐに気付ける人間でありたいと思うのでした。

 

逆に、こういう言葉を使わないようにしていくだけで、人生は大きく前進していくような気がするのです。ウソをつかず、誤魔化さず、具体的に考えて行動するようになる、ということですから。

 

 

 

上杉謙信さんのツイートはこちら。Twitter やってらっしゃる方には、フォローをおススメします。

@bishamonten_r2

 

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

定期的にポリスを聴きたくなります。個人的には、トリオ編成のバンドとしては史上最強だと思っています。

 

理想的なトライアングル。一人ひとりが卓越したプレーヤーで、音楽的にも性格的にも激しく衝突し合いながら、常にレベルMAXの作品を世に放つ。私にとって、そんなバンドがポリスでした。

 

再結成しての東京ドーム公演も観に行きました。「こんなに音数が少ないのに、なぜこれだけ豊かな表現とグルーヴを生み出せるのか?」 聴くたびに驚嘆させられるバンド、それがポリス。

 

 

1981年のアルバム「Ghost in The Machine」からの一曲。

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階