切迫感が欲しい

2020年02月13日 教室の風景
切迫感が欲しい

 

最近、どうも気になるのが

 

「この子たち、ホントに家でも勉強しまくってるか?」 ってこと。いや、県立高校入試を控えた中3受験生たちのことです。

 

 

 

尋ねれば「やってます」って言うし、やっていると信じたい。そもそも、本番2週間前にもなってて、家で勉強しないなんてあり得ないわけですけど。

 

 

でも、伝わってくる気迫と言うか、切迫感みたいなものが、あまり感じられないんですよ。

 

 

 

思い当たることとしては、北辰テストの判定で、既に「安全圏」「合格圏」に入っている子たちばかりであること。

 

「まあ、大丈夫だろう」みたいな気持ちがどこかにあるのだとしたら、非常に危険! 埼玉県公立高校入試はそんなに甘くない! 当日の大逆転なんて普通に起こる世界なんだから。

 

「当日の得点重視」であることを彼らが忘れているとは思えないのですが、でも、授業で見ていてまだまだ余裕を感じさせられるのが気になります。この時期の受験生には、良い意味で切羽詰まった感じがあるものなので。

 

模試の判定っていうのも善し悪しだな、と。

 

改めて、喝を入れておこうかな。

 

 

 

 

 

業務用か!?っていうぐらい大量に入った、トルコのチョコの詰め合わせをいただきました、妻から(笑)。嬉しいんですけど、全部一人で食べちゃいそうで怖い・・・せっかく体脂肪率15%台をキープしているのに・・・。

 

既にかなり減ってる(笑)。