大丈夫? は何も引き出せない言葉

大丈夫? は何も引き出せない言葉

 

授業中、私がつい使ってしまう言葉に

 

「大丈夫?」

 

というのがあります。

 

 

 

理解できてる? わからないところない? という意味で私から生徒たちへ掛ける言葉なのですが、もうこれを使うのはやめようかと思っています。

 

 

 

 

 

 

大丈夫? と聞かれた彼らは何と答えるか?

 

 

 

そう、「大丈夫です」と答えるわけです。99%の確率で。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、本当は大丈夫じゃないのに、彼らは「大丈夫です」と返してしまうわけです。

 

本当に大丈夫なら、彼らの成績はもっと良いはずです。だから、本当は大丈夫じゃない可能性が高いはず。

 

でも、大丈夫と答えてしまう子どもたち。

 

不思議な言葉ですよね、「大丈夫」って。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは反射的に「大丈夫です」と答えてしまう。

 

本当かよ!? と思ってその子のノートを見ると、まあ確かに答えは合っていたりします。でも、テストになると出来ない。表面的にはわかっていても、深いところでは理解できていないのでしょう。

 

 

 

もしくは、大丈夫ですと言いながらも、理解できていないことが明白な子もいます。

 

こら、全然、大丈夫じゃないだろ! と言いつつ、もう一度教えることもしばしば。

 

「助けを求めるのはカッコ悪い」「わからないのは悪いこと」という気持ちが心のどこかにあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

「大丈夫?」 「大丈夫です」

 

「わかった?」 「わかりました」

 

 

こんな意味のない会話のキャッチボールはやめた方がいいですね。

 

 

 

 

 

 

代わりにやるべきは、説明してもらうこと。

 

「この問題、どうやって解いた? 説明してみて」

 

「これ、なぜこう思った? 理由を教えて」

 

 

 

 

 

理解できているかどうかのバロメーターは

 

人に説明できるかどうか

 

これに尽きます。他人に教えられる状態であれば、本当に理解できているということです。

 

 

 

 

限られた授業時間、少しでも濃いやり取りをしたいものです。

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

ある意味、子どもたちからウソのセリフを誘導するような声掛けは良くない、ということですね。私も含め、大人側に原因があると思います。

 

 

ザ・スタイル・カウンシルの名曲を。「オオカミだ!」と叫んだ少年。

 

 

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階