大人の男は特にダメ!?

大人の男は特にダメ!?

 

夫婦で陶芸教室の「ろくろ体験」をしてきました。一度やってみたかったんです。

 

場所は、群馬の川場田園プラザ。日本最大級の道の駅、今や全国から人が押し寄せる超人気スポットですね。ついに「カンブリア宮殿」でも先日取り上げられてました。

 

 

朝早く着いて、午前中に食事と買い物を楽しんだ後、昼12時から予約しておいた陶芸教室です。

 

陶芸教室で粘土と格闘する・・・最高のメンタルトレーニングじゃないですか? スリルを味わってきました。

 

大勢でいっぺんにやるのかと思っていたら、小さな教室でマンツーマンでした。それがとても良かった。予約していた時間、先生が私たち夫婦だけをマンツーマンで指導してくれたのです。それも二人同時ではなく、一人ずつですよ。

 

よって、空いている方がスマホで記念撮影してました(笑)。

 

トップバッターは私で、妻が撮ってくれています。服が汚れないように、エプロンを付け、特製のズボンをはきます。

 

 

 

コツをつかむまでは難しいんですけど、先生の手助けのおかげで、何とか形になりました。とても楽しかったです。

 

 

 

で、私の作品のことは置いといて・・・ この先生の話が超おもしろかったんです。

 

 

私だけ、始まる前に先生から脅されました。

・一番上手なのは小学生の女の子。大人の男性はたいてい失敗します。失敗を受け入れて下さい。

 

・男性は、自分の力でどうにかしてきた人生経験があるので、力づくでどうにかしようとしてしまうため、上手くいきません。

 

・大人の男性は、常識とかプライドとか邪魔して上手くいきません。

 

 

 

極めつけは、これ!

次の条件に当てはまる男性は、特にダメです。

 

・スーツを着て仕事している人

・パソコンに向かうことが多い人

・人と接する仕事をしている人

 

 

 

3つ全部当てはまるんですけど!!

 

隣で妻が大笑いしてます。

 

 

 

先生の話によると、グループでやってくる男性客の一番最後の人っていうのは大変らしいです。自分の前の人たちがやっているのを見てしまっているので、余計な知識が頭に入ってしまい、それがかえって邪魔をするのと・・・

 

最後なので、周りの視線が余計に集中するのを感じて、プレッシャーになるのだそうです。男性の中には、緊張で足が震えている人も過去にいたとか。

 

それもこれも「常識」とか「プライド」が元凶なのだそうです。例えば、夫婦でやってくると、旦那さんは大抵やらないそうです。若いカップルでも同じ。「今さらカッコ悪いところは見せられない」ってことなんですね。

 

 

 

 

先生が前もってそんな話をしてくれたおかげで雑念を捨てられて、私はたまたま上手くいきましたけど、もし、話をされてなかったら・・・ 粘土もグシャグシャになり、妻の前で情けない姿を晒し、自信を無くして「ジ・エンド」だったことでしょう(笑)。

 

また、前の人がやっているのを見てたりしたら、先入観が入ってきてしまって、これまたきっと上手くいかなかっただろうと思います。

 

事前の情報収集はそこそこに、まず飛び込んじゃえばいいってことです、なんでも。

 

 

 

 

そして、「自分が一番下っ端の未熟者である環境に飛び込む」って、とても大切だな・・・と感じました。教室にいれば、どうしたって自分が一番エラくなってしまいます。そうなると、ラクですけど成長は止まりますよね。

 

今日は完全なる「初心者」である自分を久しぶりに感じて、とても新鮮な気持ちで集中できました。キャリアを重ねれば重ねるほど、いろんなことが「慣れっこ」になっていきます。そうなると、刺激もなければ学びもありません。

 

だからこそ、意識してわざと自分が「初心者の下っ端」になれる環境を見つけて飛び込んでいくぐらいで、ちょうどいいんですね。

 

 

 

妻も楽しんでいました。初体験をしまくる、大事です!