定員1名、倍率1倍

定員1名、倍率1倍

 

今日はテスト直前勉強会「カンヅメ」初日でした。

 

すっかり恒例行事となってしまいましたね、カンヅメも。

 

 

 

 

 

 

今回は、中1・2生の学年末テストのみならず、何と言っても埼玉県公立高校入試の直前というタイミング。中3生たちにも貴重な一日。

 

どの子も、いつも以上に集中できていたように思えます。この状態を維持したまま、本番へ向かってもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

さて、中3生の頭の中を今、支配しているのは、きっと学習内容よりも、先日確定した「倍率」だと思います。

 

 

 

「自分が受ける高校は、〇人落ちる」といった不安と恐怖。

 

気持ちはよくわかりますよね。まだ中学生です。

 

 

 

 

 

 

 

倍率については、教室でも全体に向けてよく話をしてきました。

 

先日の授業中も、こんな話をしたんですよ。

 

 

 

自分一人が受かればいいんだから

 

定員なんて1名でいいよね?

 

 

 

 

みんな、首をかしげて「は!?」という表情(笑)。

 

 

 

 

 

 

要するに、ライバルが何人いようが関係ない。自分が当日合格ラインを超える点数を取ればいいだけ、ということ。そうですよね?

 

 

 

でも、「合格ラインが〇〇点だから、これぐらい解答欄を埋めとけばいいか」なんて計算しながら当日の試験問題を解く子はいませんよね?

 

 

つまり!

 

 

結局、倍率が何倍だろうが

 

合格ラインがどれくらいだろうが

 

受験生がやることは、ただ一つだけ

 

当日、力を出し切る

 

それだけです。

 

 

 

 

その時のために、今まで長い年月をかけて塾に通って勉強してきたのです。

 

 

 

 

周りは関係ない。

 

ただ、自分が全力で挑んで、力を出し切ればいいだけ。

 

自分が出来るのはそれだけなんだ。

 

出来ることしか出来ない!

 

 

 

 

そう気付いた瞬間、周りは関係なくなり、倍率は「1.00 倍」になります。

 

定員1名に対して、自分一人が受かればいいという発想になるのです。

 

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

私の好きなリチャード・アシュクロフトの新曲。ジョン・レノンの曲をカバーしています。彼にピッタリの選曲だと思います。