復帰

復帰

2年半前、スパークで中学受験に挑戦し

見事に第一志望校に受かり

晴れて大阪へ旅立っていった少年が

 

この中3の2学期からこちらに戻ることになり

昨夜、スパークへの復帰が正式に決まりました。

 

背はかなり伸びたものの

表情も雰囲気も、あの小6の時のまま。

いや~、嬉しい再会でした。

 

 

 

これは昨日

本人にも伝えたんですけど

 

この子の何に驚かされるかって

その決断力の高さ。

 

中学受験も彼自身の希望で

親御さんの勧めではありませんでした。

 

自分のやりたいことを出来る最高の環境を求めて、中学受験をするという決断。

最終的には、大阪の中学を選択し、親元を離れて通うという決断。

 

そして、今回も

周りのクラスメイト達の

勉強に対する意識の低さを感じ

 

「ここに染まったら

高校受験で苦労することになる」

と、部活の引退を機に坂戸へ戻って

そして、スパークで猛勉強して

こちらで高校受験をするという決断。

 

御両親としては

当然、卒業まで大阪の中学にいるものだと思っていたでしょうから、さぞかし驚かれたことでしょうね!

 

 

この一連の決断、普通は出来ません。

 

これは、自分のことを客観的に観る視点を持ち合わせている人にしかできないこと。

 

自分のことをまるで他人のように

 

「今回はあっちへ行かせよう」

「今回はこっちへ戻そう」

 

ってやっているわけですから。

誰に指示されたわけでもなく!

 

映画監督の視点で

自分という役者を動かしているのです。

 

実は、私自身もそこは意識していて

自分のことを他人にように見て

日々動かしているつもりですが

それは年を重ねたから出来ること。

 

彼はまだ中学生ですからね。

彼と同じ年齢の時の自分では

こんな決断、とてもじゃないけど出来なかったでしょう。

 

 

スポーツ三昧での生活で

学力の錆びつきが心配みたいでしたが(笑)

彼なら必ず取り返せることもわかっています。

私も全力でバックアップします。

 

 

妻が飾ってくれたゆりも一気に花開き

彼の復帰を喜んでくれているのでした。