日本語ですよ

日本語ですよ

 

よく「国語の文章問題が読めない」「数学の文章問題が苦手で」といった声を耳にします。

 

そういう子をたくさん見てきて、共通するものがあるのを感じています。

 

どの子もそうした問題に対する演習量が圧倒的に不足している、というのはあります。数をこなすことで、文章に対応できる思考回路がだんだん出来上がってくるわけで。

 

 

 

 

 

 

でも、それ以前の問題なんですよ、みんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

量とか読み方とか、そんなことじゃないんです、全員に共通する問題点は。

 

何だと思いますか?

 

 

 

 

 

ものすごく乱暴な言い方をしてしまうと、こういう気概が欠けていることがすべての真因です。

日本語で書いてあるんだから、わからないはずがない

 

 

 

ちょっと知らない語や表現が出てきたり、文が長かったりするだけで、よく読みもせずに「難しい」と決めつけてしまう。

 

ほぼ全員、このパターンです。

 

 

確かに、勉強は気合いだけではどうにもなりません。

 

でも、全員、日本語は読めるはずです。

 

にもかかわらず、みんな勝手に「読めない」「わからない」と決めつけてしまうのです。わからないはずがないんですよ、日本語ですから。

 

 

 

 

 

例えば、昨日の授業で、ある小6生の算数を教えていた時。

 

今「文字を用いた式」をやっているところで、こんな問題がありました。

 

xcmのリボンを6人で等分した時、一人分の長さはycmになる。

これを式で表しなさい。

 

 

もちろん、x÷6=y と表せばよいわけですが

 

昨日の子は、この「÷」の部分を「×」にしていました。

 

皆さんはきっと「なんでそんな簡単なことがわからないの!?」と感じたと思いますが、まあ現実はそんなもんですよ。

 

何となく雰囲気でテキトーに解いているか

 

読む前から「文章題は難しい」と決めつけていて、冷静に読み取れない状態の脳になってしまうのでしょう。

 

 

 

x、yと入っていても、あくまで日本語の文です。落ち着いて読み取れば誰でも正解できます。

 

この子も解く前から「文章問題は難しいもの」という思い込みに支配されていました。

 

 

 

 

xcmのリボンを6人で「等分」したわけです。

 

「等分? 等しく分けたってことか」 と落ち着いて読み取って欲しいわけです。簡単な日本語ですよね。

 

「分けた」ってことは、割ったってことだから、記号は「÷」

 

と、一つ一つの言葉の意味を冷静に確実に読み取ればいいのです。

 

 

 

 

極論すると、日本語で書かれているものであれば、分解すれば一つ一つの語はすべて理解できるはずなんです。意味を知らない語については、調べて新たに覚えればいい。

 

 

日本語なんだから、読めないはずがないのです。

 

 

古典にしてもそう。同じ日本人が使っていた言葉。ならば解読できないはずがない。そんな気持ちで勉強していけば、必ず克服できます。

 

 

思い込みが大きく足を引っ張ります。

 

勝手に難しいものだと決めつけないこと。

 

 

 

大事なことなので、もう一度。

 

日本語で書かれているんだから、理解できないはずがない。

 

 

 

余計なテクニックの前に、まずは思い込みや前提を変えることです。そんな気概さえ持てば、どんなに難しそうな本も読めてしまうのですよ。

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

と、いうことで、簡単なものにばかり触れていないで、我々大人も恐れることなく、難解そうなものにどんどん体当たりしていきましょう。

 

人生の中の貴重な一日ですので。

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階