東京ミッドタウン 日比谷

東京ミッドタウン 日比谷

OFFです。

 

数日前、中3女子に

この絵本を貸したんです。

 

この絵本については

以前のブログでも触れています。

2015年7月18日のブログ

 

 

で、読み終わった彼女が

昨日来ていたので

感想を尋ねたんです。

 

そしたら、こんな言葉が返ってきました。

貧しい人っていうのは

お金がない人のことだと思ってました。

 

でも、この本を読んで

 

貧しい人っていうのは

欲が強くて

欲張りな人のことなんだなって

わかりました。

 

 

こういう感想を聞けただけでも

この絵本を買ってよかったなって

つくづく思うのでした。

 

 

 

話題の

「東京ミッドタウン 日比谷」へ

妻と遊びに行ってきました。

 

 

私のお目当ては

書店である「有隣堂」が仕掛けた

「ヒビヤ セントラル マーケット」

だったんですけど

それについては明日書くとして・・・

 

 

 

全く予定してなかったんですけど

その場の思いつきで映画を観て帰ることに。

 

上映メニューの中から選んだのが

これ

http://getty-ransom.jp/

 

 

「ゲティ家の身代金」

実際にあった事件に

多少のフィクションを加えた作品らしいです。

 

観終わった感想としては

シリアスなストーリーなのに

あまりシリアスさを感じさせない

というか・・・

 

何だか不思議な作品でした。

(残忍なシーンもあるのですが)

 

 

 

世界一の大金持ちの孫が

誘拐されてしまいます。

 

どれくらい大金持ちかというと

「自分がいくら持ってるかを数えられるうちは

お金持ちとは言えない」

と豪語してしまうほど(笑)。

 

で、石油王であるこの祖父

身代金を出そうとしないのです。

 

それにより事態はどんどん切迫していき・・・

という展開です。

 

 

「あなたは

どれくらいお金を持ってれば満足なのか?」

と詰め寄られて

 

「More」(もっとだ)

と答える祖父の姿を観ていたら

 

冒頭の中3女子の言葉を

ふと思い出したのでした。