現状否定せよ!

2018年09月25日 成功法則
現状否定せよ!

今の自分を取り巻く現状を

否定するところから始めよう、という話を。

 

 

 

私が好きな学説を一つ御紹介します。

以前、御紹介した本

鈴木 領一さんの「脱バカシステム」で知って

それ以来、私が特に意識している話です。

 

 

 

ミツバチの集団の研究から

ミツバチが何かを決断する時のメカニズムを発見した、米コーネル大学の教授がいます。

 

この教授によると

例えば、新しい巣への移住をするか否か決める時、異なる意見を持つミツバチ同士が、互いに相手の行動を打ち消す刺激を出し合って、答えを決めているのだそうです。

 

そして、それと全く同じメカニズムが

何と、人間の脳内にもあるとのこと!

 

つまり、何かを決める際、脳内では

「脳細胞同士の意見の打ち消し合い」

が起きていて

 

自分以外の脳細胞をすべて否定しきって

最後に勝ち残った脳細胞の意見をもってして

「決断した」

ということになるらしいのです。

 

 

すごくおもしろいな、と思います。

「否定する」ところから始まるってことが。

 

 

例えば

Aにしようか、Bにしようか

考えているとします。

 

中身は何でもいいです。

「A大学を受けようか、B大学を受けようか」

「ラーメンにしようか、そばにしようか」

「会社を辞めようか、残ろうか」

 

自分自身では、それぞれのメリットやデメリットを出して、比較しているつもりになってますよね?

 

でも、実際の脳内では

A派の脳細胞と、B派の脳細胞が、お互いを打ち消し合っているのだそうです。

 

そして、どちらかが相手を否定し切ったところで

「決まった!」

となるのですね。

 

 

 

つまり、「決断」のメカニズムは

すべて「否定」によって動く、ということ。

 

 

そして

「現状を変えたい」

と考えているなら

 

まずは、その現状を否定することから始めないと、いつまで経っても何も変わらない、ということなのです。

 

 

 

例えば、満員電車でストレスを感じながら通勤しているとします。

 

「満員電車に乗らざるを得ないこの現状はおかしい!」と現状否定しないと

勤務地の近くに越したり、電車を一本早くしたり、といった問題解消に繋がるような決断ができません。

満員電車の中で頑張ろう、としてしまうでしょう。

よく書いてきたように、人間の脳は現状維持が大好きなので。

 

 

 

子どもたちの勉強や受験も

まさにこれなんですよ。

 

「自分の今のこの成績はおかしい!

この俺が偏差値50前後でウロウロしているなんて、何かの間違いだ!」

 

と、きっぱり現状否定すること。

 

 

こうした「否定力」を使うことなく、いきなり

「がんばろう!」

「行動しよう!」

「やらなきゃ!」

ってやるから続かないのです。

 

 

現状否定(自己否定ではない)する力が強ければ強いほど、その後の行動の爆発度合いが大きくなるのだと思います。

 

 

現状否定から始めよう!

 

 

 

 

埼玉県坂戸市にっさい花みず木4丁目8-1 SONNE BLDⅥ 2階