習慣化せよ!

習慣化せよ!

 

とてもうれしいメールをいただきました。

 

 

 

今、ある中2女子に課している数学の家庭学習が「習慣になりつつある」と。 お母様からのメールでした。

 

この一行だけでも、ホント嬉しい。スパークのポリシーは「挑戦する子を育てる」ですよね?(えっ、知らない!?)

 

で、挑戦する子が持っているべき要素っていうのがいくつかあって・・・

 

そのうちの一つが「継続できる」ってことですなんですよ。だって、何かに挑戦したって最初は跳ね返されるに決まってるんですから、それでもかまわず「勝つまでやり続ける」ってことが出来るかどうかにかかっているわけです。

 

私がしょっちゅう「毎日淡々とやり続けたもん勝ち」とか言ったり書いたりしているのは、そういうこと。

 

そして、何かを継続するためには、それを「習慣化」してしまうのが一番いいわけです。意志の力でやろうとするんじゃなくて、やるのが当たり前という状態を作ってしまう、それが習慣化ということです。

 

何かで成果を出したければ、やることをプラスするという発想よりも、「習慣を変える」「習慣化する」という発想の方がいいのです。

 

 

 

 

そして、子どもが良い習慣を身につけるには、親御さんからの働きかけが不可欠なんです。この中2の御家庭も、お母様からの声掛けがとても大きな力になっていて、その結果、子どもが新しい良い習慣を獲得できたのだと私は感じています。

 

こういうケースをもっともっと教室内に増やしていかないといけませんね。私自身も力をもらえた嬉しいメールでした。

 

 

お母様、ありがとうございます!

 

 

 

 

妻から送ってもらった新国立競技場の画像です。妻は今日、大学ラグビーの決勝戦「早稲田VS明治」の観戦に。

 

立派な競技場ですね~