自己洗脳やめー

自己洗脳やめー

 

期末テスト直前、子どもたちの様々な状況に合わせて対応していたら、いつの間にかエネルギーをひどく消耗していたらしく、昨夜は帰宅してグッタリでした(笑)。

 

どんな仕事も体力勝負ですからね、もっともっと鍛えていこうと思います。

 

 

 

 

昨夜は象徴的な出来事が。

 

ある男子と今回の試験範囲の国語の漢字についての話になりました。

 

彼がこう言ったんです。

 

「前もって勉強しても、どうせ忘れちゃうから、テスト前日ぐらいにまとめて覚えるんだ」

 

 

二つの点でそれはダメ! なので、はっきり伝えました。

 

 

 

まず、一つ目は簡単な理由です。まとめて覚えようとするから無理が生じる。

 

「余裕をもって、日々、取り組むことでしか、学力は定着しないんだよ」と、いう話をしました。これは皆さん納得だと思います。

 

 

 

そして、二つ目が肝心で・・・

 

「どうせ覚えられないから・・・」という自己評価の低さです。

 

「自分にはテスト当日まで覚えていられる能力がない」と自分で自分を洗脳しているようなものだからです。

 

人って、結局、そのイメージしている通りの人になっていくわけで、本当にもったいないと思います。

 

決して、そんなことないですからね。この子に限らず、子どもたちの中から、こうした思い込みを払拭できれば。

 

 

 

 

 

いつも思うんです。

 

現状の成績がどうであれ、言葉や振る舞い、持ち物ぐらい、勉強できる子になり切って演じてればいいのにって。

 

なり切ってれば、中身もそれにふさわしく後から追いついてくる。

 

意外とそんなもんですよ。