英単語の知識を増やしたい、と言うので

2018年09月07日 教室の風景 教育
英単語の知識を増やしたい、と言うので

昨夜、授業が終わった21時30分

みんな帰っていく中で

ある一人の中3男子が私のところへやってきました。

 

「あの・・・ちょっと提案なんですけど・・・」

 

どうやら英語の長文問題を解いていて

自分があまりに単語を知らなくて

それ故になかなか読み進められないということに気付いたそうで

 

「それで、週に2時間ぐらい

単語を覚える時間を設けてほしい」

とのこと。

 

その提案の中身は

「まだまだ子どもだな・・・」

という感じなんですけど(笑)

 

それより、自分でようやく気付いてくれて

そして普段は自分から何かを提案なんてしそうもないタイプの子が

こうして私に伝えてくれたこと自体が素晴らしい成長です。

 

「わかった。

ただし、本気で単語を覚えたいのなら

そういうやり方ではなく

語数を決めて、毎日塾でテストするっていうのがいいと思うよ。

 

おススメの単語集があるんだけど

お母さんにお願いして

まずはこれを手に入れてみなさい。

どこの書店でも売ってるから。

 

そして、そこから範囲を決めて

毎日テストをしてあげるよ。

どう?」

 

 

彼は、わかりました!

と、さっそく行動に移すとのこと。

 

 

 

本人が自ら課題に気付き

自ら助けを求めてきたことで

その課題を克服するための個別の取り組みをスムーズに開始することが出来ます。

 

私の役割は

その一瞬のタイミングを逃さないことです。

 

これが

最近ずっとブログに書いている

「啐啄の機(そったくのき)」

であり、こうなればしめたもの。

殻は必ず破れるでしょう。

 

私の方も

「無理やりやらせるストレス」がないので、楽しくバックアップ出来ます。

 

 

 

まだまだここからいくらでもやれることはある。

 

現状に囚われることなく

前進し続けよう!