行動より大事なこと

行動より大事なこと

 

埼玉県公立高校入試が本日終了しました。

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

スパーク生たちも、きっと力を出し切ってくれたことと思います。

 

 

「直前まで問題を解き続けよう」

 

「頭をフル回転させている状態で本番を迎えよう」

 

「守りに入らずに、前日まで攻め続けること」

 

 

そんな感じで昨日まで彼らを鼓舞してきました。今ごろ、どっと疲れが出ていることでしょう。

 

よく頑張りました。今日は皆さん、ゆっくり休んで下さいね。

 

 

 

問題の方はこれからじっくりと分析していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次の新中3生以下の子たちのために、改めて感じている大事なことを書いておこうと思います。

 

それは「行動」と「習慣」の違いについて。

 

 

 

 

「勉強しなさい」ってよく言いますけど、勉強すること自体は「行動」の部類に入ります。

 

行動しなければ現実は変わらないので、行動自体は必要なのですが

 

本当に結果につながるのは、行動ではなく「習慣」の方です。

 

 

 

 

 

今回の入試でも、直前に来てエンジンがかかった感じの子たちがいました。もちろん、エンジンがかからないまま行くよりは遥かに良いことなのですが

 

それだと、大きな成果には繋がりません。

 

 

 

成果に繋がるのは「習慣」です。

 

じゃあ、行動と習慣の違いって何なの? という話になるのですが

 

 

 

私の中での定義は

 

行動に「毎日」と付けたものが「習慣」

 

です。

 

 

 

 

「勉強する」だけでは一時的な行動です。

 

「毎日勉強する」となって初めて「習慣」と言えます。

 

 

 

実に簡単な話ですよね。もちろん、言うとやるとでは大違いですが。

 

 

成果が出る・出ないに関しては、「行動と習慣の違い」ここを理解できているかいないかが全て、と言っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

私たちはよく「行動しないと何も変わらない」とか言いがちですし、「地球は行動するための星」みたいな話もあります。

 

数多の自己啓発本なんかも、結局言っていることは「行動しろ」ってことだったりするのですが

 

本当に伝えるべきは「習慣にしろ」なんです。

 

 

 

 

つまり、勉強でもスポーツでも趣味でも何でも

 

「毎日やる」

 

大事なのは、この一択に尽きるのだと思います。

 

 

 

 

いかにして「毎日やる」仕組みを作るか。考えるべきはそこです。

 

意志とか根性に頼ってはいけませんよ! これほど当てにならないものはないのですから。

 

 

Twitter  木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

先日、解散を発表したフランスのエレクトロミュージックデュオ、ダフト・パンク。一報を聞いて、世界中で大ヒットした「One More Time」を久々に聴きたくなってしまいました。

 

音楽シーンに多大な影響を与えた偉大な覆面デュオでした。