認めることから始めよう

認めることから始めよう

 

ここ数日で、学年末テストの答案用紙を持ってきてもらって見ているのですが、最も目につくのが

 

「確実に取らなきゃいけない問題を落としている」

 

と、いうこと。

 

顕著なのが、数学の大問1の計算問題。こちらでもさんざんやっているはずの、ごく基本的な計算ばかりなのに、ここで大きく落としている子たち。

 

「簡単な問題を落としているということは、まだまだ意識が低いんだよ」とその場にいた子たちに伝えると、すかさず

 

「じゃあ、意識を上げるにはどうしたらいいんですか?」

 

と訊いてきた中1男子がいたので、こう答えました。

 

「日頃から、目の前の一問一問に集中することを心掛けていくしかないんだよ」

 

 

当たり前の結論で面白くも何ともないんですけど、それしかないのです。

 

 

 

そう言うと「普段もちゃんと集中してます」みたいな反発があるのですが・・・

 

それ自体がミスの減らない原因なんです。

 

なぜなら、「今の自分のままでも大丈夫」と思ってるってことですから。

 

マインドが変わらなければ行動は変わらないし、行動が変わらなければ結果も変わりません。

 

 

 

 

そうではなく、まず

「今の自分には何かが足りない」

と認めることからです。

 

それをしないまま「ちゃんとやってるよ」と言っていても、同じ結果が続くだけです。

 

そして、それは指導する私の方にも言えること。「ちゃんと教えてるのに」なんて言ってるだけではダメですね。指導する側も何かが足りないから、つまらないミスをする子が減らないわけですから。

 

 

 

今後、面談等で直接お話しする機会があると思いますが、勉強の知識や方法なんかを教えるよりも、こういう話の方がよほど重要だと思います。

 

勉強の「やり方」を身につける前に、心の「あり方」を変える方が先なんだ、というのをしっかり伝えていきたいと思います。