語彙力を増やす方法

語彙力を増やす方法

日々の授業でもそうですし

スパークの裏メニューとして、大学受験生に英語を指導していても感じるんですけど

 

語彙力って

ホント、大事だなと感じます。

 

語彙力、要するに

どれだけたくさん単語・熟語を知っているか

ってことです。

 

 

 

 

先日参加した入試セミナーでも

こんな話がありました。

 

埼玉県公立高校入試の英語

特に上位校が採択する「学校選択問題」

(今年は春日部女子が加わり、21校がこれを採択することが決定済)

では、多くの難しい単語に注釈が付いていません。

 

 

教科書会社って何社かあるわけですけど

どこか1社の教科書だけでも登場している単語であれば、「学校選択問題」では注釈が付かないのです!

 

今回で言うと

「学力検査問題」の4番と

「学校選択問題」の2番が

長文自体は同じなんですけど

 

「学力検査問題」に付いている注釈が

rode 「ride の過去形」

sidewalk 「歩道」

bike’s headlight 「自転車のヘッドライト」

training program 「トレーニングプログラム」

environment 「環境」

careful 「注意して」

safety 「安全」

 

だったのに対して

 

「学校選択問題」の方は

sidewalk 「歩道」

のみ。

 

 

現学習指導要領1200語に対し

学校選択問題を受ける子は

その倍ぐらいの語数が必要なのでは?

なんて話でした。

 

 

 

単語の知識を増やすのは

どうしても個人的努力によるところが大きい。

英単語集を買ったりして覚えるのも悪くないのですが

 

そういうことよりも、まず大事な心構えはこれ!

単語は

出てきた時に覚えてしまうこと

 

 

もう、これに尽きます。

 

教科書、テキスト、学校・塾の授業などで

知らない単語が出てきた時に覚える、単語カードに加える。もちろん、単語カードを作って満足ではなく、暇さえあれば見る。

 

後回しにしないというのは勉強の鉄則ですし

仕事も「その場で処理する」が基本。

特に、語彙力を増やすということに関しては100%言えること。

 

あとでまとめて覚えようなんて

そんな出来もしないことを、自分に都合よく考えて、自分を甘やすから、あとで苦しむことになる。

 

これは、日本語についても同じで

本を読んでいて、知らない言葉が出てきたら、その場ですぐに調べることです。スマホで検索でも全然OKですから。

 

出会った瞬間が勝負なのだ。