1点差で逃げ切れ!

1点差で逃げ切れ!

 

夏期講習中に実施した漢検・数検の結果が、共に判明しています。

 

結果を見ると、「よくがんばったなあ~!」という子もいれば、「なぜこうなる?」という結果の子まで、まあそれぞれにいろいろドラマが見え隠れします。

 

それぞれ、この結果を受けて次にどうするのか? をよく考えること。テストというのは、やった後も大事です。

 

もうすぐ解答も配布されますので、それを使って復習をし、更に上の級を狙う、もしくは再挑戦する、といった次のアクションを考えましょう。

 

 

 

 

 

さて、その検定結果に関して、よくあるケースについて今回は書いてみます。

 

 

例えば、漢検3級の合格ラインが200点満点中の140点以上だとします。

 

ある子が、140点ちょうどで合格したとするじゃないですか。ギリギリですね。でも、立派な合格です。

 

ところが、素直に親子で喜んでくれればいいものを

 

「あんた、ギリギリじゃないの! もっと余裕で受からないとダメ!」

 

という保護者の方がたまにいらっしゃいます。

 

まあ、その気持ちもわかるのですが、子どもの喜びは半減してしまいます。

 

 

 

 

 

 

いいですか、漢検協会が

 

「あなたには、3級の力があると認めます」

 

と、せっかく言ってくれているのですから、それをありがたく頂戴しておけばいいのです。

 

140点だろうが、199点だろうが、その子には「3級の能力がある」ということなんです。

 

 

 

 

プロ野球の話に例えましょう。

 

呼び方は「守護神」「クローザー」「ストッパー」「抑え」といろいろありますが

 

最後の1イニングに登板して相手の攻撃を抑え、チームを勝利に導く投手のことをそんな風に呼びますよね? 野球好きな方には今さら必要ない説明ですけど。

 

例えば、3点リードした状態で最終回に満を持してクローザーが登板しました。そのまま逃げ切れば勝ちです。

 

しかし、ストライクが入らないわ、ヒットも打たれるわで、3点もリードしていたのに、あれよあれよという間に1点差まで追い詰められてしまったとします。

 

こういうタイプのクローザーは「劇場型」なんてよく言われます。観ているファンもベンチも、ハラハラドキドキだからです。もちろん、「不安定」「安心して見ていられない」という批判的な意味合いでの「劇場型」です。

 

 

さて、そんなふうに周りをヒヤヒヤさせながらも、どうにかこうにか1点差を守って逃げ切ったとします。チームは勝ったのです。

 

しかし、ファンからは容赦ない罵声が飛びます。「怖くて見てられない」「抑え失格」「配置転換すべき」・・・等々。

 

 

 

 

でもね、よーく考えてほしいのですが

 

 

最終的に「勝てばいい」わけですよね?

 

 

抑え役として最後の最後に登板する投手にかかる重圧は、我々の想像を絶するものがあると思います。自分の肩にチームの勝利がかかっているわけですから。失敗すれば、先発投手の勝ちを消してしまうかもしれない。

 

そんな役割を引き受けてくれているだけでもスゴイことであり、打たれようが点を取られようが、リードを守ったまま試合を締めてくれさえすれば、「守護神」としては十分に合格なのではないでしょうか?

 

にもかかわらず、私たちファンは「一人のランナーも出さず、カンペキに抑えて勝つ」というキレイな勝ち方をクローザーと呼ばれる投手に望んでしまうのです。

 

べつに、どんな勝ち方でも良くないですか? 泥臭い勝ち方で良くないですか? いいじゃないですか、ギリギリの勝利だって!

 

 

 

 

 

漢検で、キレイな高得点での合格を望んでしまう人、ギリギリの合格を喜べない人というのは、劇場型のクローザーを批判する人と同じです。

 

「本当に大事なのは何なのか?」これを忘れてしまっているのではないでしょうか? 大事なのはもちろん、合格という結果です。

 

 

 

 

人生、七転八倒しながら、悪戦苦闘しながら、粘り強く、泥臭く勝ったっていいのです。一点差で逃げ切れれば御の字なんですよ。むしろ、その方が喜びもひとしおじゃないですか?

 

キレイに完璧に勝とうなんて、ファンタジーの世界であることを認識するべきです。

 

 

 

 

さらに、このことを逆の視点から見てみましょう。

 

わずか1点足りず、139点で不合格だったという子もいるでしょう。

 

140点ジャストで受かった子とは、たった1点しか違いませんから、二人は能力的には大差ないと言えます。

 

しかし、世の中からは「漢検3級の能力がある子・ない子」として見られてしまうのです。

 

 

 

 

これが世の中の厳しい現実です。

 

だからこそ、ギリギリだろうが何だろうが、「合格」という結果には、途轍もない価値があることをわかってあげてほしいと思うのです。

 

 

 

Twitter 木村弘一@スパーク

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲。

 

と、いうことで、ちょうど漢検結果が判明したタイミングで書いてみました。追い詰められても1点差で逃げ切る・・・入試でも仕事でもよくあるケースですけど、私はそれで全然OKだと考えて生きています。

 

 

何の脈略もないのですが、コールドプレイで私が一番好きなアルバム「X&Y」から一曲。