4月、来い!

4月、来い!

 

今日まで教室は月末3連休でした。前回も書いた通り、どこにも遊びには行っていないのですが、充実した3日間でした。きっと子どもたちも塾から解放されて、リフレッシュ出来たのではないでしょうか?

 

 

その一方で、4月からのことについて、自分の中でいくつか仮説を立てながら過ごしていました。

 

 

 

 

チラッと聞いた話によると、大学は5月末まで休講が決まっているところも出てきているようです。大学ですらそうですから、小・中学校や高校の再開はなおさら無理があるのではないかと個人的には思っています。いわゆる「3密」状態を避けることは、ほぼ不可能でしょうからね。

 

子どもたちの中で感染が広まれば、それがほぼ確実に各家庭へ持ち込まれてしまうでしょう。それが何よりも怖いこと。

 

あと、あまり言われてませんけど、高齢の校長先生とかも危ないですよね? 冗談では済まされません。

 

4月の北辰テストも無理かな・・・これも大切な学習機会なんですけどね。

 

 

 

 

 

ただ、ここから事態がどう展開しようとも、スパーク個別指導学院としてやるべきことは明確に決まっています。前にも書きましたけど、大事なことなのでまた繰り返し書いておきます。

 

子どもたちの学力低下を防ぐために、塾として出来ることを全部やる

 

これだけです。

 

 

 

世の中の動向も大事だし、何より一番は「命を守ること」であるのは大前提の上で。

 

でも「だから、何もしないでおとなしくしていればいい」ってわけではないですよね?

 

 

 

 

3月は、多くの御家庭が「通いたい放題」に切り替えて、ガンガン勉強を進めてくれました。3学期の残っていた単元を学習し、それを終えると新学年の先取りも。3月だけで既に1学期の内容を終えている子たちも出ました。もちろん、戻って反復はさせますけどね。みんな、スゴイ勢いでした。

 

反面、通いたい放題ではない子たちの学習量がどうしても不足してしまいましたね。まあ、当然そうなってしまうわけですけど、4月はここをテコ入れしていくつもりです。まずは「量をこなすこと」ですから。

 

 

 

 

 

仮にどこかのタイミングで再び「学校休校」となるにしても、おそらく3月の時とは意味合いが違ってくる、と想定しておかねばなりません。今度は本当に家から出られない、なんてこともあり得ますので。

 

 

まあ、どんな状況になっても打つ手は無限にあります。ドンと構えて、やるべきことを粛々と進めていきましょう。一番いいのは安全に学校が再開してくれて、今まで通りの日常が戻ってきてくれること。私が朝9時から教室を開けないで済むことなんですけどね(笑)。

 

木村弘一@スパーク

 

 

 

 

今日は久々、シンプリー・レッドを Apple Music で満喫しました。

 

正直、サウンド的には大して面白くないバンドなんですけど、何といってもミック・ハックネルという赤毛の天才ヴォーカリストの歌唱が素晴らしい。黒人ソウルシンガーと肩を並べられる、数少ない白人シンガーでしょう。

 

バンド名も、彼が赤毛であることに由来しています。デビューアルバムの発売当時、このジャケットに一目ぼれしたのを覚えています。

 

ミック・ハックネル、こんな曲を17歳の時に書いたというのがスゴイ! 名曲中の名曲。

 

 

 

ついでに、デビューからだいぶ経ってからの同曲のライヴを。

 

ライヴでは彼の歌唱力が際立ちますね。ドラムは一時期在籍していた日本人ドラマー・屋敷豪太が叩いてます。全く映らないのですが(笑)。