JUST DO IT !

JUST DO IT !

 

先日、ある御家庭との三者面談で「勉強するのに必要ないもの」という話をしました。

 

この場合の「必要ないもの」っていうのは、例えば、スマホとかゲームとかの「モノ」ではなく、メンタル面での話。

 

 

 

 

多くの子たちが

「今はまだやる気になれない」

「やる気になったらやるよ」

という感じ。

 

でも、「やる気」って待っていても永遠にやって来ないわけですよ。待っているうちに時間ばかりが経って、いつの間にかテストが目の前、慌てて追い込みをかける・・・というパターン。それを毎回繰り返す子たちがいるわけです。

 

「勉強するのに必要ないもの」の一つが、この「やる気になるのを待つ」という行為なわけです。

 

 

 

じゃあ、どうしたらやる気になるの!? ってことになるわけですが、それはもう答えは一つしかなくて

「やる気なんてないままでいいから、とにかく手を動かしなさい」

ということになります。

 

 

人間の脳には「作業興奮」という特性があり、何か作業をしているうちに、だんだんと興奮してくるのだそうです。つまり、何かをやっているうちに、いつの間にかノッてくる・・・というわけです。

 

これが「やる気になってきた状態」ということ。

 

勉強、仕事、家事、スポーツ、何でも同じですよね。子どもたちの勉強であれば、やる気なんてないまま、とにかく問題集とノートを開き、鉛筆を持って一問解き始めるのです。一問解いたら、また一問。そしてまた次の一問・・・ 

 

これを続けていくうちに、だんだんペースが上がり、調子が出てきて、いつの間にか「やる気」になっている・・・。これが正しい脳の使い方だと思っています。

 

 

 

つまり

「やる気になったらやる」ではなく

 

「やっているうちに、やる気になる」

が正しい。

 

 

そう考えていくと、ポイントは「何かをやり始める最初の一歩目のところ」ということになりますよね。「やり始めちゃえば、あとは脳がだんだんノッてくるというのはわかった。でも、その一歩目がツライんですよ」と。

 

 

そこで、私が面談で伝えたのが、Nike のキャッチコピー、あの有名な「JUST  DO  IT」です。

 

 

 

 

いいからやれ!

四の五の言わず、やれ!

とにかくやれ!

言い訳するな!

さあ、始めちゃおう!

 

そんな感じでしょうか。

 

 

 

「どうしたらやる気になるでしょうか?」

この質問に対する答えは

 

「JUST DO IT」

 

これしかないと思います。「いいから、とっとと始めなさい」です。

 

 

 

 

 

 

今までがどうであろうと、現状がどうであろうと、いつでも「今がスタート」です。「今日という日は、残りの人生の初日」なのです。

必要なこと、今出来ることを JUST DO IT !

 

やり始めちゃえば、必ず後から「やる気」が湧いてきますから。

 

 

 

 

 

面談後、さっそく紙に書いて、自分の部屋に貼ったようです。素晴らしいですね~ 日本語訳もバッチリだ!(笑)

 

DSC_0066